----★-★-★-★-preview-★-★-★-★----
私が嫁の時は
− 黙って聞いていれば涙目でエンドレス −

出た!御馴染みの姑族十八番!「私が嫁の時は」話。姑族の得意中の得意。年寄りの与太話だと思って、珍しく優しい気持ちで聞いてあげれば、のりに乗って、涙目でエンドレス。又、気を抜いているといつのまにか嫁への説教に変わっていて愕然、恩を仇で返されたような複雑な心境になるので注意が必要です。それはさておき、たしかに、姑が嫁だった時代は…………
実践練習模範怪答つき

【姑】私が嫁の時は、姑にどんなにいじめられたか。
【嫁】辛かったでしょう!私も今なら分る!分り過ぎる!(号涙)
【姑】昔の姑は、本当に嫁に辛くあたったのよ。今のお嫁さんは姑の苦労しなくて羨ましいわ。
【嫁】そ〜ですかあ?あんま変わらないですよぉ。   etc
嫁の金言
一に、姑の苦労をねぎらい、二に、私には出来ないわ〜と感心しながら釘を刺し、三に、そんなのは鬼姑ですわねっと念を押せ!