嫁の立場向上委員会


嫁たちの個室
<<< ひとりごとの殿堂 >>>
傑作!「ひとりごと」コレクション

■みのさんの「ひとりごと」コレクション

半年検診真っ只中。半年毎に、自分の病気のことを改めて意識して、数回の手術&入院生活のことも思い出す。入院生活は、日々の生活から遮断されて・・・まるで四次元空間みたいで、嫌いじゃなかった。あ・・衛生的な部分を除けばね。病院によっては掃除の質がイマイチで、あれはキツかったな。とにかく、日頃の悩みや人間関係や自分の能力の無さや・・・いろんなことから気持ちを隔離して、時間つぶしの本に没頭できる最高の癒し空間だったと思う。そこに見舞いなんかは必要なくって、話したくないし食べたくないし・・・・せいぜいキレイなお花があればよくて、あらゆる人からのお見舞いをお断りして・・・PC持ち込んで「上海」やったな・・・。私は、3期bと診断された。決して早期発見ではない。いや、ムシロ危ないところだった。だけど、そんなこと日々のストレス・・・たとえば仕事のプレッシャーや、ドロドロな人間関係を受けての自己否定な毎日よりは、全然楽勝だった。それだけ、普通の生活は大変だっつうこった。病人のドキュメント番組なんかはたいてい、「壮絶な闘病生活」とか勝手に言ってるけど、いやいや、社会ほど壮絶なものはねーぞー  と突っ込んでいる。みんな、ファイトだファイト! 2005/09/23 06:58

------------------------------------------------------------------------
あの頃は、病気になってホッとしていました。
それくらい、仕事や人間関係にヤラレテイタのだと思います。
私より痛くて苦しいひとには、上の文章は当てはまらないのでしょうが、アホな私の独り言ですのでご容赦下され。

人並み以上の人間になろうとか、人様に嫌われないように生きようとか思ったら、この世は地獄なのれす。適当に嫌われ、適当にみくびられ、適当に愛されていればそれが一番。 2005/09/06 22:22

----------------------------------------------------------------------------------
最近、五木寛○の本を読んでいて、人間を含めた生物は、生きてるだけで大変な仕事をしているなと思った。
世の中に何か残すとか、生きている間に何かをしたとか・・・・本当に二の次三の次なのでは?
ご飯を食べて排泄して、あらゆる危険なものを潜り抜けて・・・今日まで生きてきたというだけで、「良く頑張った!!カッコイイ!!」って感じですね。

私は、体が弱い人や重い病気の人が我侭を言うことを許そうと思いません。病気だろうと不自由だろうと、我侭を言っていいという理屈は無いと思っています。自分が病気持ちになってもその考えは変わりません。自分が人より不幸だなんて、とんだお笑いです。世の中を見ていたら、何が不幸かなんて測ることの愚かさに嫌でも気付くはずです。勇気を出して、心を開放して、世の中を歩くことをし続けたい。自分を解き放つことで喜びや幸せは湧き上がるんだと信じてます。 2005/08/27 17:42

----------------------------------------------------------------------
こうして振り返って読むと、何かに憑かれた様な文章です。
お恥ずかしいけど、残してみます。
危険人物の香りがしますね・・・・。

同じ時期に同じ病棟で過ごした先輩達は、みなステキだった。自分の病気も余命も受け入れているのに、最期まで諦めずに自分のやり方で戦っていた。あの頃お世話になった先輩の半数近くが亡くなっている。サチーバは、「死にたい」という。「全て他人から貰った不幸だ」と嘆く。正直言って、「要らない命なら人にくれて、とっとと死んでくれ」と思ってしまう。少しは真面目に生きろと思う。 2005/08/02 04:57

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
私がこんな事で腹を立てても、何もいい事は無い。
サチーバと誰かを比べても意味が無い。
私は、サチーバの生き方が嫌いなだけだ。誰が悪いのでもない。
好みの問題だよね。

楽〜に、このまんま〜で居たいな・・・・。私はタブン、コンプレックス持ちな女です。傍目にどんななのかは置いといて、かなり「私って恥ずかしい人間ですぅ。」と思っていたりする。その反面、・・・っていうか、だから尚更・・「私って、結構賢くて、いいところもあるんです。」と思ってたりもする。そして、自分の長所を他人にも見せたがる。他人の評価が全てになったりする。もっとちゃんと、自分のことを認めないと・・・・そして、自分がちっぽけな奴ですって思えないと・・・・。だぁめだよなぁあああ。ああ・・・・暗〜いコメントだなぁぁぁ・・・・。 2005/07/10 16:51

些細なことだけど、姑との距離が開いた出来事・・・・。それは、同居用の建売住宅を見学していた時のこと・・・・。ある、ステキなお家を見て・・・サチーバ「でも、このテラスもリビングも、周りのお家から丸見えねぇ。」  みの「でもほら、人の目があると防犯にはなりますですわぁ!」  サチーバ「なるほど〜、そうね〜。」・・・・数日後・・・・・ サチーバ「○○(サチーバの娘)がね、人の目があるって言うのは防犯になるって言うのよぉぉん。あの子頭良いよぉぉぉ!そういう考えもあるのかぁぁと思って、感心しちゃったぁぁ。考え方よね〜〜。」だって・・・・。このとき、私は思いました。これからもずっと、こうして事実が歪められ、義妹にお手柄をとられ、義妹=天才、みの=マヌケ という役を引き受けていくのか・・・・。って今思えば、別にお手柄でもなんでもないのに、よくもまあ被害妄想に浸れたものね、みのちゃんしっかり!!(おっと、自分が錯乱しちょるがな。) 2005/07/05 00:10

今日は、無意味に忙しかった・・・。変に控えめな私は、仕事中でもその「変な控えめ」をやってしまう。なんていうか・・・自分がアホだと思われた方が楽ちんなため、ちょっとお人好しバカ的な動きをしちゃう。「あとは直接お二人でやってください。」とか、私って効率いいのよ!的な発言が気恥ずかしくてできません。これも決まって女の人に対してのみです。男性に対しては、思いの丈を打ち明けられますが、女性・・・・特に同年〜年下さんには、おバカ仮面を被ってしまう。さて、目的は何なのか・・・ちっとも分からないんです。はぁい。 2005/06/24 00:54

今日、サチーバから携帯に電話があった。絶縁後初めてのことだ。なんのこたぁない、義弟嫁の携帯番号とみのの番号を間違えたらしい。「今日はFAXに切替えてなくてごめんなさ〜い、もしかしてFAXくれたぁ?今、晩御飯作ってますから、後でもって行きま〜す。家に帰ったら電話くださぁ〜い♪」だって。旦那に電話して、「サチーバさん、電話する相手まぁちがってんぞぉぉ!」って教えてあげた。サチーバ、あなたが遠くで幸せだと、私は心から幸せなんです。「遠く」っていうのと「幸せ」ってのは、抱合せ販売です。どっちか一方ってのは受け付けませんよっ♪ 2005/06/08 22:18

仕事の勘も、すこ〜しだけ戻ってきて、順調な毎日。サチーバちゃん元気かな・・・・。サチーバ元気で頑張ってね・・・・。ずっと、応援してるからね・・・・。口には出さないけど、顔も見せないけど・・・・。ほら・・・やっぱ会わないで居ると仲良しみたい! 2005/06/07 19:34

どよよ〜ん 今日はうす曇り。天気同様、心もモヤモヤね。昼ご飯を一緒に食べた同僚も、ナニヤラ彼とドヨヨン気味らしくて、二人してダブルドヨヨン。これがまた、些細な原因はあるものの。何故ドヨヨンなのか今ひとつ釈然としない。こういうのを機嫌が悪いっていうのよね?あ・・・・サチーバったら、「貴方達が仲良くやってくれればそれでいいわ。私もいつまでも貴方達のことばかり責めていられないから。」とか言ったらしい。ふ〜ん・・・・・、随分悟ったような物言いね。まるで、100%私たちが悪くて、それを許してあげる寛容な姑みたいじゃねーかよぉぉぉぉ! 2005/06/01 19:47

現行ログ/ [1] [2] [3]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
004258
[このページのTOP] [ひとりごとの殿堂]
shiromuku(pl)DIARY version 2.70